神経性疼痛はしっかりと治療を受ける事が大切【原因を突止める】

元気

神経の痛みには

医療機関での治療方法

看護師

怪我や病気が治った後も痛みが長く続く場合や、痛みの原因がわかりにくいケースなどは、神経性疼痛である可能性があります。神経性疼痛は原因なども自己判断が難しいことが多いので、医療機関を受診して医者に相談することをお勧めします。ただし痛みそのものの原因も病名もわからない状態なので、医療機関を受診する前に、あらかじめ痛みや疑問、調べた情報といったものを整理し、メモに記しておくと良いでしょう。そして受診するのは整形外科やペインクリニックなどがお勧めですが、そういった医療機関を受診したことがなかったり、近くにないような場合はかかりつけの医療機関をまずは受診し、そこの医者から紹介してもらうという方法もあります。また最近ではインターネットなどで専門医のいる医療機関などを検索することも可能なので、そういったものを利用してみるのも良いでしょう。そしていざ受診となったら、問診の際にまとめたメモを医者に見せるようにしましょう。その後は痛みの原因を探るための検査や診察が実行され、診断や治療方法が決定されます。おもな治療方法としては、薬物療法や神経ブロック療法、リハビリテーションである理学療法などがありますが、神経性疼痛の場合は治療期間が長引くこともありますので、焦らずにじっくり治療に専念するようにしましょう。

痛みの種類

神経性疼痛になる原因の病気や痛みの種類にはいろいろありますが、まず原因となる病気としては、おもに帯状疱疹ヘルペスなどのウイルス感染や糖尿病などの代謝障害、事故や怪我による神経切断、抗がん剤やがん腫瘍などが原因となっているケースよく見られます。こういった病気により、神経が圧迫されたり神経障害が出たりすることで、痛みへと繋がります。そして痛みの種類に関しては、まずは長期間続くというものが多いようですが、他にも発作のように短い感覚で痛みが発生したり、しびれや感覚が鈍くなるといった痛み、ちょっとした刺激がとても強い痛みに感じたりするケースなどがあります。さらにじんじんした痛みやちりちりといった焼けつくような痛みなどが出ることもあり、まるで電気が走ったかのような痛みや、針で刺されたかのような痛みが出ることもあります。そしてこれらのどれに対しても言えることは、痛みそのものが強い傾向にあるということです。