神経性疼痛はしっかりと治療を受ける事が大切【原因を突止める】

元気

神経系疾患の治療

心療内科のメリット

夫婦

病気の治療をするには、その症状を専門に治療している診療科目を受診することが大切になる。背中や腰などの痛みが長く続く場合は、神経性疼痛を患っている可能性が高い。腰痛の症状がある時は、一般的には整形外科を受診することになる。しかし神経性疼痛の治療は整形外科ではなく、心療内科やリウマチ内科の方が適している。心療内科はうつ病などが原因で発症する肉体的な疾患の治療を専門に行っており、神経性疼痛を治すには最適な診療科目である。うつ病が原因で神経性疼痛を患っている場合は、うつ病を治療しない限り、背中や腰の痛みも治らない。整形外科を受診した時には、対症療法で背中や腰の痛みは一時的には和らぐが、神経性疼痛を根本的に治療することは困難である。心療内科を受診すると、うつ病の薬と痛み止めの薬の両方を処方してもらえるので、薬物療法によって神経性疼痛を完治することができる。一般的にうつ病を患うと、頭痛などの肉体的な症状が現れることが多い。心療内科を受診すると、うつ病が原因の頭痛も治療することが可能である。

心療内科の特徴

ストレスが溜まったり不安や悩み事があると胃が痛くなるのは、多くの人が体験している。人間の心と体は密接に関係しており、心の状態が悪くなると胃痛になったり、腰が痛くなる場合がある。胃が痛い時には消化器内科を受診すると治療をしてもらえるが、心の状態が改善されない限り、胃痛は再発を繰り返す。よって胃痛を完治させるためには、心の状態も改善することが必要になる。心療内科では、心の状態が悪化したことが原因の頭痛や胃痛、腰痛などを治療することができる。うつ病が原因で発症する神経性疼痛の治療も可能である。心療内科と類似している診療科目に精神科がある。精神科ではうつ病などの心の病気の治療がメインであり、心の状態が起因する肉体的な疾患の治療は心療内科の方が得意である。自殺未遂を繰り返したり、重度の薬物中毒の患者は、心療内科よりも精神科の方が適している。メンタルクリニックと呼ばれる病院があるが、メンタルクリニックも心療内科と同じような治療を行っている。神経性疼痛の治療はメンタルクリニックでも可能である。